Archive for 2010年5月

第三夜、YouTube動画アップしました!

5月 15, 2010

あらためて、4月25日に試聴室その2で開催した黄金町Sound & Scape 第三夜の終了報告となります。

第三夜~la rotación de sonidoと題された今回。
自転する音という解釈で、廻り燈籠のイメージがありました。
廻り燈籠のように音のイメージが空間中に拡散していくような、試聴室その2という、
硝子張りの空間ではそれは柔らかな感覚として伝わるのではと。

スクリーンの設営等でも、またまた今回も試聴室の永山さんにはご尽力いただきました。
客入れには高橋竹山、1回目に、絶対これで、と思い、2回目は客入れ前にちょろっと聴こうぐらいだったんですが、
持ってたら、永山さんがおおっとなって結局、今後も客入れは竹山と決めました。

VJは基本的なオペレーションと幕間は椿さん
最早、この企画には外せないスタッフであり、パフォーマーです。
今回も廻る画像のイメージを伝えて、かき集めてもらいました。

そして、今回ある意味メインアクトと言えるPainting VJのhenna dress(変なドレス)さん。
こういう落書きペインターを探していました。
いわゆるアクションペインティングでもなく、グラフィティアートでもない。
きっかけは、トルコのダブロックバンド、Babazulaのライヴ。
このライヴの時にステージ端にセーラー服を着た女の子(バンドメンバー?トルコの人)が、延々、ノートパソコン上で落書きを縦横無尽に描き出すパフォーマンス。
第二夜の準備の頃から探してましたが、見つかったのがKO.DO.NAさんのスーパーデラックスでのライヴだったという。
廃校フェスで対バンだったし、害Tuneコンピでもどちらもトラックを提供しているし。
頼むしかない!と。

と、いう布陣で始まったわけです。

トップバッターは私、直江実樹のソロです。
昨年7月20日の第一夜では「中川一郎VS直江実樹」
12月6日の第二夜ではソロ名義に口琴奏者、幕内純平さんをフューチャーして
で、今回は完全なソロ。
Sony CF-5950でのラジオライブをミキサーからトランスミッターに接続して、会場にある小さなラジオ12個とCF-5950:1台で受信して聴くという、似非サラウンドライヴ。
電波の微妙なズレやお客さんがいじって違う電波を受信するというのもまたライヴならではかと。
今回のサブタイトルを決めた時から、やろうと思っていたスタイルです。
以前に及川禅さんオーガナイズのTokyo Underground Art Archivesに一人電脳ショックボーイズでスーパーデラックスに出演した時にもトランスミッターは使いましたが、それはカセットMTRの音をラジオ1台から流したものだったので、より空間的に楽しんでいただけたのではないかと。

今回Ustream映像は前回に引き続き、h-sasakiさんに担当いただきましたが、YouTube動画は自主制作映画監督の御代田直樹さん(近作は長編「話のつづき」)にお願いしました。御代田さんは、原宿JET ROBOTでの浅野廣太郎さんの即興企画「忘れたいのに思い出せない」で撮っていただいた動画が素晴らしく、その編集の面白さに惹かれて、お願いしました!

幕間音楽は安東ウメ子

2番手はSebon

アコースティックとエレクトリックの絶妙なバランスはまさにペットサウンズ的。
楽器それぞれもTOY楽器だったり自作だったりと見た目もステージになっている。
江古田フライングティーポットで共演したときは車座になっていて、正に廻る感覚。
メンバーが寄り添って音を紡いでいく様は、こうしたおもちゃ箱をひっくり返したようなポップスタイルのユニットは常に紹介していきたいです。
前回のju sei、今回のSebonと、音の面白さが広がっていくような感覚はたまらないですね。

幕間はミルトンナシメント

最後はKO.DO.NAさん

映像は中盤の「鳥の会議」から始まります。
お客さんにピヨピヨマシーンを渡して、その場に音の空間を作ってしまうという、このSoundscape感覚。
ラストのトランペットソロの重層的な音塊のあり方(この編集版ではトランペット演奏部分少ないですが、彼はトランペット奏者です)、オープンリールのテープレコーダーの空間を切り取る鋭角さ。
ビートは分断されているのによりビートそのものを感じる、稀有な人だと思います。
まさに、この企画に一番呼びたかったパフォーマンスそのものです。

Ustream版はこちら(固定iPhoneからの撮影です)
http://www.ustream.tv/recorded/6431560
http://www.ustream.tv/recorded/6432038

来ていただいた皆様に感謝。

また、この映像作品を観て、この場所に居たい、観てみたい、体験したいと思う方は、

Topic:2010/7/11 黄金町Sound & Scape 第四夜~Flag under the Train 開催

5月 9, 2010

7/11(日)
黄金町Sound & Scape 第四夜~Flag under the Train

開場:18:30 / 開演:19:00

Live@試聴室その2
http://cafe.taf.co.jp/live/
■料金:予約 1,500円+1drink(500円) / 当日 1,800円+1drink(500円)
→事前のご予約をおススメします。(Eメール、電話どちらでも受付けてます)

出演
Chromasonus + 二宮直也
秒針零(RENKA×なかおちさと)
VELTZ/OR

VJ(幕間+秒針零):椿+直江実樹

出演者紹介:
●坂本直(Chromasonus) + 二宮直也

坂本直(Chromasonus)(laptop/electronics/guitar)
京都外国語短期大学英語学科卒業。
1990年渡米、ニューヨークに滞在。
ニューヨーク市立大学スタッテン・アイランド校映画学科、ニューヨークInstitute of Audio Research音響専門学校サウンド・レコーディング / ミュージック・ビジネス学科卒業。
Funky Slice Studio / Production(ニューヨーク)入社。ニューヨークのギャラリーK.O.A.P.のサウンド・オーガナイザーを経て、1996年CAVE Art Space (ニューヨーク/現 The Cave Organization,Inc)に参加。
空間・ビジュアル・舞踏・パフォーマンスのへのアンビエント・サウンドのプロデュース及び作曲・演奏。世界各国のギャラリー・美術館などでアーティストとのコラボレーション活動多数。
2004年帰国後、東京を拠点にソーシャル・アクティヴィティを含めたアート・パフォーマンス・プロジェクトChromasonus(クロマソヌス:「色+音」の造語)を主宰、「音+α」のサウンドスケープ・サウンド・オーガナイズを継続。
http://www.chromasonus.net/
http://chromasonus.ithinkmusic.com
二宮直也(映像 / MAX Jitter)
1989年生まれ。横浜出身。現在、尚美学園大学芸術情報学部に在籍。
坂田晃一、小島有利子らの元で、テクノロジーを駆使した先端芸術音楽・映像表現などを研究している。

●秒針零(RENKA×なかおちさと)
「針先を数秒見つめてみる 緊張の造成
       堅牢たる麻痺 私たちの摩滅」

ギターと舞踏 に 限らず。
予定不調和な一瞬。

なかおちさと
ソニマージュ・レコーズ代表
音楽家として主に東京シーンで活躍中。
バンド
「見送りの日」「鳥を見た」「カールマイヤー」「LaLa」「メロドラマ」「他の岬」「私の死」「福田理恵×なかおちさと」「神沢敦子×なかおちさと(予定)」「なかおちさとソロ」
http://www.sonimage.ne.jp/index.html

RENKA/レンカ

ソロ、異形人、山内勝司、Reiko.Aとの活動でライヴ展開中
http://www.myspace.com/0kaerirenka
この二人によるユニットとしては初のライヴ

●VELTZ/OR

VLZ PRODUKT主宰 松岡 亮のソロ名義「VELTZ」指揮による、不定型実験オーケストラ。今回はサックス×5+バイオリン×1+VJによるアコースティックエクスペリメンタルドローン。バリトンサックス浅野廣太郎を筆頭に、普段は全く活動場所の異なる多彩なプレイヤー達が集結し、変幻自在に織りなす亜空間音響をお楽しみ下さい。
http://www.vlzprodukt.com

●直江実樹(企画主宰)+椿
直江実樹
plays shortwave radio
芝居のスタッフや樹海でのパーティのDJ、オーガナイズなどを経て、2000年ぐらいから短波ラジオでの演奏を中心にライヴ活動を開始。アブストラクトサウンドスケープデュオ、電脳ショックボーイズやインダストリアルフォークユニット、ガリノイズをメインに活動。
2006年からはソロでのライヴ、セッションでの活動を増やし、映像空間的な企画をスタート、ジャンルにこだわらず、左右されず、縦横無尽に展開している。黄金町Sound & Scapeは自らの拠点となる企画として昨年より開催。
http://www.myspace.com/naoemiki
http://blog.goo.ne.jp/mikinaoe42_12
今回は幕間の音楽と秒針零でのVJプロデュースを担当
椿
http://www.youtube.com/user/vjtsubaki

■会 場 : 試聴室その2 ..
■住 所 : 横浜市中区黄金町2丁目7番地先 [アクセス]
      ●京浜急行電鉄黄金町駅下車、徒歩3分
      ●横浜市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分
      ※黄金スタジオは黄金町寄り高架下にあります。
■電 話 : 045-251-3979(12時~18時)
■メール: live@koganecho.net
http://cafe.taf.co.jp/live/

4/25 Live Performance Video Document

5月 9, 2010

随分、遅い報告になりました。
また、YouTube画像が更新されましたら、再度詳細をアップしていこう思います。

ご来場の皆様、ご出演の皆様、スタッフの皆様、試聴室のながやまさん、本当にありがとうございました。

当日のUST映像があります、固定カメラなので、おっと思った方は是非会場へ、近々映像版も公開です!

また、詳細のドキュメント等ブログでお伝えできればです。

http://www.ustream.tv/recorded/6431560
http://www.ustream.tv/recorded/6432038