Archive for 2010年4月

1分間に回るスピードで:4/25@黄金町試聴室その2:出演者紹介「Sebon」

4月 21, 2010

4月25日の「黄金町Sound & Scape 第三夜」まで、もうすぐ。
ここで出演者を自分なりに紹介。

今回の「La rotación de sonido」をまさにイメージした人たちであることがわかってもらえるのでは。

続いてはSebon。
何と、前述の昨年7月の江古田フライングティーポットでのライヴの対バンが出会い。
ソフトさんもSebonも対バンでした。
その時の、おもちゃ楽器を並べて、楽しげに車座で演奏する彼らの姿が印象にありました。
で、2度目の対バンが、これまた江古田のフライングティーポット。
日本春歌考が「私の考えるジャズ」として組んだ企画で。
この出会いは本当に日本春歌考主宰ふるたさんに感謝しなければならない。
その日本春歌考のライヴはまた、6月5日に江古田フライングティーポットであるはずだ。
その場でどうなるかわからない未知の日本春歌考からすると、Sebonはマイペースな雰囲気の音を醸し出す。
それは時にペットサウンズのようでもあるし、ティラノサウルスレックスのようでもある。
ピアニカリコーダーやマンドリンや玩具パーカッションたちの慈しまれるかのように音ひとつひとつが抱きかかえられ、抱きすくめられ、そこから、環を放って、音の積み重なっては遊離する揺らぎが、弾むように楽しく、聴こえてくる。本人たちも微笑んで音を紡ぎ合い出している。
まさに以下が昨年7月のライヴのドキュメント

その後のライヴはゲスト多数

そんなSebonの秋房さんからお誘い受けて、秋房さんの参加する秋福音に私が参加したのはこの3月の阿佐ヶ谷。


トラベリングミュージックカフェ、これはまた試聴室に似合いそうだ。

●Sebon

00年代の終わりに、
新宿とアンデスの歪み=fuzzから生まれた、
エクスペリメンタルな路地裏カラオケスナック。
そこではサボテンでヘロヘロになった南米の労働者たちが、
祭壇の上にある小さなモニターに映し出されるサイケデリックかつ都会的なネオンを見つめながら、
故郷アンデスの歌をトロトロと歌っている。
スカスカのリズムボックス、
かけすぎたエコーでサイケ化してしまったフォルクローレ。
高山アンデスと新宿高層ビル群の壁紙。
ハワイから来たママさん。
テクノが好きなパパさん。
そのカラオケのオケみたいなバンドがSebonです。

対角線に、車座に螺旋を描くよな、そこから拡散していく、アコースティックでエレクトリックでサイケデリックな廻り燈籠な音空間を黄金町で!

4/25(日)
黄金町Sound & Scape 第三夜~La rotacion de sonido

La rotacion de sonidoとはスペイン語でですね。
私的には「自転する音」と捉えてます。

開場:18:30 / 開演:19:00
■料金:予約 1,500円+1drink(500円) / 当日 1,800円+1drink(500円)
→事前のご予約をおススメします。(Eメール、電話どちらでも受付けてます)

出演
KO.DO.NA
Sebon
直江実樹

painting VJ:henna dress(変なドレス)
VJ operation:椿

Live@試聴室その2
■会 場 : 試聴室その2 <横浜・黄金町「黄金スタジオ」内>
■住 所 : 横浜市中区黄金町2丁目7番地先 [アクセス]
      ●京浜急行電鉄黄金町駅下車、徒歩3分
      ●横浜市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分
      ※黄金スタジオは黄金町寄り高架下にあります。
■電 話 : 045-251-3979(12時~18時)
■メール: live@koganecho.net

http://cafe.taf.co.jp/live/

広告

1分間に回るスピードで:4/25@黄金町試聴室その2:出演者紹介「KO.DO.NA」

4月 21, 2010

4月25日の「黄金町Sound & Scape 第三夜」まで、もうすぐ。
ここで出演者を自分なりに紹介。

今回の「La rotación de sonido」をまさにイメージした人たちであることがわかってもらえるのでは。

KO.DO.NAこと黒木さんとは最初、MySpaceのフレンドリクエストで知ったはず。
→ただ彼のページはアーティスト登録ではなかったかも。
その後、mixiにいることを知ったのは共演者の知り合いだったからか。
辛辣で毒舌でありつつも、たまに煩悶したりもしていて、その日記の面白さに、熟読するのは現在に至る。
転職回数も三桁に近づこうかという破綻者?と思うが、本人はいつもピシッとした衣服で、パイプ愛好者だったり。
そんなこんなで、一度彼のトランペットも含めたソロライヴを観に行こうと六本木スーパーデラックスに行ったら、終わっちゃってて、残念て時に、初邂逅、それが一昨年か3年前ぐらいか?やはり饒舌な人ではあった(笑)
直後にWhat’s Upや早稲田あかねでお世話になっていたロンボク島、MU2.1のオカニワさんに彼のテープを再生するだけのダブパフォーマンスが凄いと聞いて、ずっと気になっていた。
それから、共通の知り合いたる共演歴のある平林秀夫さん、幕内純平さん、小池実さんと5人で録音を始めたんですが、いつの間、頓挫。しかし、そこでようやく、そのペットの響きの孤高さの片鱗に触れることができた。
続いて、昨年7月江古田のフライングティーポットにて、日本春歌考、黒木さんが音楽的仕切りを務める「ソフトさん」で対バン。
実はソフトさんも気になっていたのだが、この日は会場入りがギリギリで見ること叶わず。
次が11月ぐらいにWhat’s Upで対バン、その時の彼のセットで共演。ダブ+ペット、っていうとすぐこだまさんを思い出すが、佇む、孤高さは通じるが、もっと美しい響きに殉じそうな感じがする、聴いていてそういう吸い込まれ方に襲われるのだ。
確信はもちろん、ソロのセットだった。
スーパーデラックスでのソロは圧巻だった。トランペット一人多重奏、オープンリール再生、鳥の会議と題したお客さん全てが出演者になるという音のインタラクティヴな巻き込まれ具合の楽しさ。そのビートの分断されたあり方にビートを感じて、圧倒された。ちなみに彼は時折、蓄音機DJをやっている。
こうしてまた、ここで紹介する際に幾多の彼と遭遇した。



●KO.DO.NA

黒木一隆(TP・ピアニカ) によるユニット

クラブDJ、即興演奏、現代音楽を経て、『劇団唐組』入団。
退団後、劇中音楽作曲やインプロビゼーションを主体としたバンドを経て
2002年静寂音響ユニット『KO・DO・NA』を開始。
2006年『KO・DO・NA:小人の化学』を発売。
幾つかのコンピレーションアルバムに参加。

『室野井洋子ダンスシリーズ:よあそび』
『ウブウブ舞踊団:赤い靴』
『ダンスがみたい!10:インターナショナルシリーズ』
『西麻布スーパーデラックス:小鳥達の為に』
『西麻布スーパーデラックス:テストトーン』等にて演奏。
また、西麻布スーパーデラックスでのライブは
ラトビア共和国の音楽誌『フラッシュ』にて紹介されました。

現在は主に
西麻布『BULLETS』
六本木『スーパーデラックス』
にて不定期出演中。

舞台音楽、即興演奏、楽曲演奏と幅広く活動中である。

http://kodona.web.fc2.com/

是非機会あるならば、KO.DO.NAさんの演奏に遭遇してほしい。

4/25(日)
黄金町Sound & Scape 第三夜~La rotacion de sonido

La rotacion de sonidoとはスペイン語でですね。
私的には「自転する音」と捉えてます。

開場:18:30 / 開演:19:00
■料金:予約 1,500円+1drink(500円) / 当日 1,800円+1drink(500円)
→事前のご予約をおススメします。(Eメール、電話どちらでも受付けてます)

出演
KO.DO.NA
Sebon
直江実樹

painting VJ:henna dress(変なドレス)
VJ operation:椿

Live@試聴室その2
■会 場 : 試聴室その2 <横浜・黄金町「黄金スタジオ」内>
■住 所 : 横浜市中区黄金町2丁目7番地先 [アクセス]
      ●京浜急行電鉄黄金町駅下車、徒歩3分
      ●横浜市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分
      ※黄金スタジオは黄金町寄り高架下にあります。
■電 話 : 045-251-3979(12時~18時)
■メール: live@koganecho.net

http://cafe.taf.co.jp/live/

Topic:4/25第三夜のフライヤーとSebonのライヴ動画

4月 4, 2010


ようやく4月25日のフライヤー完成
絶賛配布中です。

4/25(日)
黄金町Sound & Scape 第三夜~La rotacion de sonido

開場:18:30 / 開演:19:00
■料金:予約 1,500円+1drink(500円) / 当日 1,800円+1drink(500円)
→事前のご予約をおススメします。(Eメール、電話どちらでも受付けてます)

出演
KO.DO.NA
Sebon
直江実樹

painting VJ:henna dress(変なドレス)
VJ operation:椿

Live@試聴室その2
■会 場 : 試聴室その2 <横浜・黄金町「黄金スタジオ」内>
■住 所 : 横浜市中区黄金町2丁目7番地先 [アクセス]
      ●京浜急行電鉄黄金町駅下車、徒歩3分
      ●横浜市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分
      ※黄金スタジオは黄金町寄り高架下にあります。
■電 話 : 045-251-3979(12時~18時)
■メール: live@koganecho.net

詳細はこちら

また告知詳細第一弾ではSebonのライヴ動画紹介が出来ていませんでした。


これは、私が日本春歌考に参加したライヴ、2009年7月23日のSebonが対バンしたときの映像ですね。
思えば、対バンにはKO.DO.NAさんがバンマスを務める「ソフトさん」も居たのだから、今回の流れはこの江古田フライングティーポットで約束されたいたのか。

6月27日の第四夜には日本春歌考にも参加したVERTZの松岡さんが仕掛けた管とバイオリンと映像のドローンミックス「VERTZ/OR」の出演もある。

日本春歌考主宰ふるたさんに感謝、そんな、日本春歌考でのライヴは6月5日の江古田フライングティーポットに決まった。
日本春歌考ブログ