映像的な音像:Seedmouthさんと前衛行為音楽祭

短波ラジオプレイヤーの直江です。このブログで展開する「黄金町Sound & Scape」の企画主催+パフォーマーです。

10月10日~10月12日、富山・新潟と3日間に渡り、ライヴで回ります。

特に、10月11日は第16回前衛行為音楽祭です。

主催のアンビエントノイズの第一人者、シードマウスさんが90年代富山に戻ってから、立ち上げた企画です。

シードマウスさんは、70年代にすでに短波ラジオを使った作品を発表し、当時Fool’s Mateで秋田昌美さんに取り上げられ、同雑誌にインディーズコーナーが出来た、また、新潟時代にはMaloonRecordを主宰、地方から音楽を発信という、まさに伝説の人にして、ここ三年で10作品近い新作(個人的には「Medium Black」と「Flowing  air」「UFO Capture」は傑作)をリリースしている、私の目標とするアーティストです。

前衛行為は、メルツバウ、C.C.C.C.,OfficeTrip(武井よしみち等),向井千恵グループをゲストに呼んだ第1回目から、灰野敬二、メルト・バナナ、インキャパシタンツ、暴力温泉芸者、DMBG,石川浩司、大友良英+SACHIKO.M DUO、くぼあつこ、巻上公一、突然段ボール、モーリー・ロバートソン、 BIG PICTURE(PHEW)、水谷聖(元メルツバウ)、コサカイフミオ、ASTRO、ガヴァメント・アルファ、伊藤まく+m:u、3+、Hacoと錚々たる面子を招聘してきた。まさか、自分がそのステージに立てたなんて、今でも嘘のようだ。

この面子を迎え撃つほどに、シードマウスさんの音の世界は、孤高の美しさを、アンビエントノイズのチャンスオペレーションに見せてくれる。その音の映像美は、私のSound & Scape観の目標でもある。

説明はよいので、音を聴いてほしい。

第16回前衛行為音楽祭
10月11日中央通アーティスト
チャージ:¥1500(1D付き)
17:00開場
17:30開演
・SHIBUYA(長野)
・モザイクフリー
・ガリノイズ(新潟)
・HADOU
・SEED MOUTH
・中川一郎(東京)
・及川禅(横浜)

会場アーティスト(2F)の地図

広告

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。